Question: アテローム性動脈硬化症のリスクは何ですか?

アテローム性動脈硬化症の危険因子の重要なポイントには、高コレステロールおよびトリグリセリドレベル、高血圧、喫煙、糖尿病、肥満、身体活動、および飽和脂肪を摂取することが含まれます。アテローム性動脈硬化症は、心臓発作、脳卒中、動脈瘤、または血液血餅を引き起こす可能性があります。

アテローム性動脈硬化症ができるのはどのようなリスクを高めることができるのでしょうか。これはあなたの臓器やあなたの体の他の部分への酸素に富む血の流れを制限します。アテローム性動脈硬化症は、心臓発作、脳卒中、さらには死亡を含む深刻な問題につながる可能性があります。どのリスク因子がアテローム性動脈硬化症と最大の関連性を有していますか?

アテローム性動脈硬化症の危険因子、高血圧、糖尿病、グルコース耐性、メタボリックシンドロームが含まれる。 、脱脂蛋白質血症、肥満、タバコ喫煙、座り止めのライフスタイル、ストレス、そして冠状動脈性心疾患の家族の歴史。

アテローム性動脈硬化症の長期的な効果は何ですか?

未処理のままにすると、アテローム性動脈硬化症は心臓発作、脳卒中、または心不全。アテローム性動脈硬化症は、老化に関連するかなり一般的な問題です。この状態を防ぐことができ、多くの成功した治療法の選択肢が存在する可能性があります。

アテローム性動脈硬化症のリスクを低下させるのは何ですか?

辞めている喫煙はあなたの動脈を健康に保つためにあなたができる最善のことです。週のほとんどの日を練ります。定期的な運動は血流を改善し、血圧を低下させ、アテローム性動脈硬化症と心臓病のリスクを高める症状のリスクを軽減します。

Say hello

Find us at the office

Glosenger- Mazloom street no. 3, 79294 Abu Dhabi, United Arab Emirates

Give us a ring

Asa Kaer
+62 483 133 945
Mon - Fri, 10:00-18:00

Reach out